男性ホルモン補充療法のデメリット


近年男性の更年期障害も増えてきていると言われており、その治療法として利用されているのが男性ホルモン補充療法です。これは注射や貼り薬などを利用して体内に男性ホルモンであるテストステロンを注入する事によって、更年期障害の症状を緩和する事ができるとして先進国ではよく利用されているポピュラーな治療として知られています。特に注射の場合は即効性が高く貼り薬の場合は持続性が高いなどそれぞれのメリットがあるので、自分たちの状態や症状などに見合った治療を選択することができるというところも魅力のひとつです。

男性ホルモン補充療法のデメリット

そんな男性ホルモン補充療法にはメリットばかりではなくデメリットもあると言われており、最大のデメリットとして言われているのが副作用です。代表的な副作用として知られているのが睡眠時無呼吸症と呼ばれるものであり、要するに眠っている間に無呼吸状態が続いてしまう非常に危険な病気です。また元々睡眠時無呼吸症を患っていると言う人の場合は症状が重くなってしまうという報告もあるので、ホルモン治療を受ける場合には事前に睡眠時無呼吸症の有無を確認してもらっておく必要があります。ほかにも高齢者に多いと言われている前立腺肥大や前立腺ガンの悪因子が増えるという副作用も報告されていて、いずれの場合も排尿障害を引き起こしてしまう要因となっているので日常生活にも支障をきたしてしまう病気となっています。

このように男性ホルモン補充療法にはデメリットとして副作用が起きる可能性があるということが言われており、治療をする前には必ず検査を受けて副作用を起こす可能性があるかどうかというところを確認されます。なので場合によっては治療を行うことができないと言う事もあるのですが、その理由はこのような副作用を防ぐためとなっているので無理に治療をするとリスクばかりが高くなってしまうという危険性があります。

ただ男性の更年期障害は女性と同じように人によって個人差はあるものの、重い症状になってくると仕事だけではなく日常生活にも支障をきたしてしまう恐れがあります。特に性機能の低下などによって男性としての自信を喪失してしまう事もあるので、そちらのリスクを考えると男性ホルモン補充療法によるリスクを取ると言う人も少なくありません。なので自分がどのような治療を求めているのか、そのリスクやデメリットなども把握した上でしっかり医師と相談しながら検討することが大切です。

男性用サプリの利用

もしも男性ホルモンを体内に直接取りこむ方法に抵抗を感じているなら男性用サプリメントをおすすめします。
精液を増やす亜鉛、勃起持続力を増すアルギニン、血流を良くするシトルリンなどが配合されている精力サプリメントを摂取すると副作用の心配がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *