Category Archives: Uncategorized

クラチャイダムと黒ウコンと黒生姜の違いは?


現在の日本では、勃起不全や精力減退、性欲減退などの性機能の低下による問題で悩む男性が、増加しています。しかも毎年増え続けているのです。このような傾向は、高齢化社会が今もなお進行している現状から考えると、当たり前のように感じるかも知れませんが、最近では若い男性にもこの傾向が広がっているのです。
このように性機能の問題で悩む男性は、生活習慣を見直すことが重要です。食生活が乱れていることで、身体の健康を維持していくための栄養が不足し、身体機能を低下させ、精子を作る量が減ったり、勃起できなくなることにつながります。また運動不足によって血流が悪くなれば、勃起するために必要な血を陰茎に集めづらくなり、結果として勃起不全になってしまうのです。運動不足は代謝が悪くなることから、毒素が身体にたまりやすくなり、このことが身体機能を低下させていることも、性機能の問題につながっています。さらに睡眠不足からは、男性ホルモンの分泌を減少させ、精子を作る量が減ってしまいます。そのことから精力減退や性欲減退を起こしてしまうのです。
これらのことから、生活習慣を見直すことは必須です。しかしそれだけでは、衰えた性機能を回復させるために、とても時間がかかってしまいます。そこで補助的に良く利用されるのが、精力剤やサプリメントです。中でもクラチャイダムは、マカに並んで人気があります。

クラチャイダムの効果

クラチャイダムはタイが原産の植物で、昔から滋養強壮のために利用されてきました、現在でもその効能が、タイの政府に認められているほどです。そしてこのクラチャイダムは、別名で黒ウコンや黒生姜とも呼ばれています。たまにサプリメントなどで、黒ウコンや黒生姜という名前で販売されているものを見かけることがありますが、クラチャイダムと記載すると分かりづらいことがあり、日本人にとってはウコンや生姜という名前が入っていた方が分かりやすいことから、このような名前がつけられていることも多く見られるのです。
クラチャイダムならこちらのクラチャイダム完全ガイドが詳しいです。
クラチャイダムにはアルギニンという成分が特に多く含まれていて、アルギニンが体内に入ると一酸化窒素を分泌し、一酸化窒素が血管の弛緩し拡張する作用があることで陰茎に血を流しやすくするため、勃起不全の改善に効果が期待できるのです。また、アミノ酸も豊富であることから、筋肉の維持や増強を促し、代謝が上がり、性機能にも良い影響を与えるのです。それ以外にも有効成分がたくさん含まれ、体力の回復や身体機能の改善に役立つと言われています。”

ニンニクの黒焼きの効果


昔の相撲の力士が稽古していた時のガンバリズムの稽古は今の角界にはないようですね。
食い物も違っていました。
昔のちゃんこ鍋と今のとでは作り方が違う。

昔は野菜などの植物食品が主だったが、今は肉魚が主で材料も違ってきた。
それにかつては味噌も自家製、そして麦飯だったけど、今は白米、ラーメンなどインスタント化しちゃっています。
だから頑張りがきかないのです。

ひと昔なら、水入り二番後取り直し、なんていうことで、次の駅でテレビを見たら、まだ続きをやっていたということもあったけど、今はありませんね。

最近の力士は塩が悪いので力が出ないのではないだろうか?
というのは土俵にまく塩が、化学塩なのでミネラルがないから、力士が土俵で足の裏からミネラルを吸収することができないのです。
自然塩を土俵や稽古部屋に使ってほしいという話もありました。

親方が若い者が肉食をとりすぎる害や塩まで悪くなったと言っていました。
食生活を含む環境が体質をつくるのに大切なものだということです。

食生活と、健康とか精力ということでいえば、私の身近な体験でいえば祖父が85歳の天寿をまっとうしたのですが、毎日一升酒を飲むほど酒好きでした。
しかし、二日酔いもしなければ、何でもないんですね。

健康法というほどのものでもなく、ニンニクを焼いて酒を飲みながら食べてるんです。
ただそれだけで、肉や魚は酒の肴にしないんです。

昔からニンニクには強精効果があったあると言われていました。
これは焼いたところがミソで、生のままではダメだったと思います。
黒焼きにしたことに意味があったのです。

根本から体を良くすることを考える


植物も動物も根本を大切にしなければいけません。
そして、その教えこそ植物や動物の健康を守る最大の条件だと私は確信しました。

3年前の今頃、送胆管を手術しまして、なお肝臓障害も残り、肝機能検査でGPTが619というとてつもなく高い、医者がビックリするような病的な数値でした。
そんな折り、私の主治医にお会いしました。

あの頃の私はまったく不健康そのものでした。
その後断食や一日に玄米飯一膳の七分目と野菜が主の植物食の食事療法と、大量の深海鮫肝油、レシチンを含む玄米胚芽湯の摂取を続けて、物理治療を徹底していました。

現在も続けているということなど、主治医の厳しいご指導の成果が奇跡の回復になったのでしょう。
今は肝機能検査値も正常値になり、まったくの健康体ですねぇ。

3年前は本当に生きるか死ぬかの毎日でした。
仕事柄、心身のストレスはあるのですが、根アカで楽天的なせいか、あまりクヨクヨしないタチで、精神的ストレスはあまり感じません。

それはたいへんいいことです。
精神的ストレスというのは、腸に大きな打撃を与えるので消化不良を起こし、腸内にタンパク質の腐敗分解による万病の基本ともいえる酸性の腐敗便を生ずることになりかねません。

腸をやられるというのは、人体の成分やエネルギーの製造工場をやられて、有害なものを製造されてしまうものですから、病気の原因となります。

私はそのせいか、便秘も下痢もあまりありません。

いざという時に役立つ男のサプリ


いざという時にチンコのパワーが足りない。
また勃起できなかった。
40歳以上の男性はそんな経験を一度や二度はしたことがあるのではないでしょうか?
男として残念な場面を経験をする機会が増えてくると自信を無くしてしまいますね。

私も現在は51歳で段々と夜の生活が不安になってきています。

こんな不安な気持ちを59歳で未だに夜もバリバリに現役絶倫な先輩に相談してみました。
すると、「なんだそんな事で悩んでいるのか」と笑われましたが、あるロングセラーの増大サプリが彼の源だと教えてもらい、それならばと調査をしてみることにしました。

そのサプリを扱っている業者は10年以上の老舗で電話をすると快く訪問を快諾してもらいました。
先輩の話をすると「それは当社のスーパーマカサプリのことですね。まずは論より証拠ですよね。」と沢山の喜びの手紙を机に広げ「もう13年販売しておりますが、当社に送られてきたお客様の喜びの声です。ほんの一部ですが」とサプリ業者の担当者は言いました。

その内容は「以前、ペニスが立たなくて75歳から使用しております。もう6年愛用しております。現在は81歳ですが夜の営みはまだまだ大丈夫!」

「20代に戻った気分です。というには言い過ぎたかな。彼女もタップリ満足。夢ではありません。」
と私と同年代だけでなく、高齢者の方からの喜びの声が多いのには驚きました。
勃起力低下の原因はテストステロンというホルモンの分泌が50歳を超えるとほぼ無くなることが原因です。
しかし、しっかりセックスミネラルと呼ばれる亜鉛を補給するとテストステロンの分泌を促し、萎えたペニスの勃起力が蘇るのです。

このテストステロンの分泌を促すことが男性機能を向上につながることを知らない男性が圧倒的に多いのです。